windows10

windows10指紋認証できなくなったときの修復方法

2020-07-22

Windows10のパソコンのログインで、指紋認証が機能しなくなったときの修復方法です。

サインインのオプションの「Windows Hello指紋認証」を開くと、「このオプションは現在使用できません」となっています。

「Windows Hello指紋認証」

  1.  [ Windows ] + I(アイ)で「windowsの設定」を開きます。
  2. 「アカウント」をクリックします。
  3. 「サインインオプション」をクリックします。
  4. 「Windows Hello指紋認証」をクリックします。

指紋認証の修復方法その1

この方法の場合は、指紋認証の登録が消えるので、登録しなおします。こちらの方が、少し時間がかかります。

(1)デバイスマネージャーを開きます。

参考:検索ボックスで素早くアプリを起動する

検索ボックスに「de」と入力するとデバイスマネージャーが表示されます。

windows10デバイスマネージャー

(2)[生体認証デバイス]を右クリックし、[ドライバーの更新]を選択します。

windows10デバイスマネージャー・生体認証デバイス

(3)[ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索]を選択します。

windows10デバイスマネージャー・生体デバイス

→ 検索中

windows10デバイスマネージャー・生体デバイス

(4)[ドライバーが更新されましたと表示されたら、「閉じる」をクリックします。

windows10デバイスマネージャー・生体デバイス

(5)WindowsHello指紋認証を確認します。

windows10デバイスマネージャー・生体デバイス

(6)再起動し、指紋認証でログインできるか確認します。

指紋認証の修復方法その2

(1)デバイスマネージャーを開きます。

(2)[生体認証デバイス]を右クリックし、[デバイスのアンインストール]を選択します。

(3)再起動します。

(4)WindowsHello指紋認証を開き、指紋の追加をします。

windows10指紋認証

指示に従って追加します。

-windows10

© 2021 オフィスのQ&A