Excel

画像(図)をシートに挿入する/Pictures.Insertメソッドの方法と注意点

2021-11-26

フォルダ内に保存されている画像をシートに配置する方法です。

参考:グラフシートを画像として貼り付ける

注意点

Pictures.Insertメソッドでワークシートに画像(図)を挿入すると、次のような場合は画像が表示されません。

  • 画像のファイル名を変更した
  • 挿入したファイルの保存先を変更した
  • 挿入した画像の保存先を参照できない場合

画像が表示れれない

このようになる理由は、画像がリンク オブジェクトとして挿入されるためです。

参考

リンクではなく図として挿入するには、Shapes.AddPictureメソッドを使います。

画像(図)をシートに挿入する/Shapes.Add メソッド

画像の挿入方法

ワークシートに1つの画像を挿入する方法です。

基本

次の場所に保存されているファイルをアクティブシートに貼り付ける例です。

  • 保存先:F:\sample
  • ファイル名:青森.png
ファイル保存先
Sub sample1()
ActiveSheet.Pictures.Insert "F:\sample\青森.png"
End Sub

もとのサイズでシートに画像が挿入されます。

別シートから画像を挿入しサイズを変更する

エクセルブックに2つのワークシートがある場合です。

  1. 一覧:ファイルの保存先パスとファイル名が入力されているシート
  2. 貼付先:画像貼り付け先シート

一覧

  • A列:ファイル名(拡張子なし)
  • B列:画像配置後に「済」と表示します。保存先に該当のファイルが存在しない場合は空欄。
シート[一覧]

貼付先

  • セルA1にファイル名(拡張子なし)
  • セルA2に画像配置
シート[貼付先]

サンプルコード

  • 2つのワークシートのどちらを選択していても実行可能
  • 画像サイズ:Range("A2:H22")
Sub sample2()
Dim sWB As Workbook, sWH As Worksheet, hWH As Worksheet
    Set sWB = ActiveWorkbook
    Set sWH = sWB.Worksheets("一覧")
    Set hWH = sWB.Worksheets("貼付先")
    Dim fPath As String: fPath = sWH.Range("D1")
    Dim cName As String, fName As String

    With sWH
         cName = .Range("A2")
         fName = fPath & .Range("A2") & ".png"
    End With
    
    If Dir(fName) <> "" Then
        With hWH.Pictures.Insert(fName)
                .Name = cName
                .Top = Range("A2").Top
                .Left = Range("A2").Left
                .ShapeRange.LockAspectRatio = msoFalse
                .Width = Range("A2:H2").Width
                .Height = Range("A2:A22").Height
                 hWH.Range("A1").Value = cName
         End With
         sWH.Range("B2").Value = "済"
    End If
End Sub
  • 10行目:挿入するファイル名(拡張子なし)
  • 11行目:挿入するファイル名(パス含む)
  • 14・25行目:挿入するファイル名があったら処理を実行します。
  • 15行目:画像挿入
  • 16行目:画像に名前を付けます。ファイル名(拡張子なし)
  • 17~18行目:画像の位置を設定します。
  • 19~22行目:画像のサイズを設定します。
  • 22行目:セルA1にファイル名(拡張子なし)を表示します
  • 24行目:セルB2に「済」と表示します。

縦横の比率を固定で、縦のサイズだけ指定する例です。19~21行目を変更します。

.ShapeRange.LockAspectRatio = msoTrue
.Height = 280

サイズ指定方法は他にも方法があります。

複数の画像を指定した位置に挿入する

エクセルブックに2つのワークシートがある例です。

  1. 一覧:ファイルの保存先パスとファイル名が入力されているシート
  2. 貼付先:画像貼り付け先シート

一覧

  • B列:ファイル名(拡張子なし)
  • C列:貼り付け先の行番号(タイトル入力先)
  • D列:貼り付け先の列番号
  • E列:画像配置後に「済」と表示します。保存先に該当のファイルが存在しない場合は空欄。
ファイル[一覧]

貼付先

縦横の比率を固定で高さを指定する例の結果です。

ファイル[貼付先]

サンプルコード

ファイル[貼付先]をアクティブにしてマクロを実行します。

Sub sample3()
    Dim sWB As Workbook, sWH As Worksheet, hWH As Worksheet
    Set sWB = ActiveWorkbook
    Set sWH = sWB.Worksheets("一覧")
    Set hWH = sWB.Worksheets("貼付先")
    Dim fPath As String: fPath = sWH.Cells(1, 7)
    Dim gNo As String, cName As String, fName As String
    Dim i As Long, r As Long, c As Long
    
    For i = 2 To sWH.Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
        With sWH
             gNo = .Cells(i, 1)
             cName = .Cells(i, 2)
             r = .Cells(i, 3)
             c = .Cells(i, 4)
             fName = fPath & .Cells(i, 2) & ".png"
        End With
    
        If Dir(fName) <> "" Then
            With hWH.Pictures.Insert(fName)
                    .Name = cName
                    .Top = Cells(r + 1, c).Top
                    .Left = Cells(r + 1, c).Left
                    .ShapeRange.LockAspectRatio = msoTrue
                    .Height = 280
                     hWH.Cells(r, c).Value = "No." & gNo & "_" & cName
             End With
            sWH.Cells(i, 5) = "済"
        End If
    Next i
End Sub
  • 10・30行目:For~Nextでシート一覧の2行目からA列最終行まで処理を繰り返します。
  • 11~17行目:シート[一覧]のA~D列までの値を変数設定、対象のファイルを指定します。
  • 19行目:挿入するファイル名があったら処理を実行します。
  • 20行目:画像を挿入します。
  • 21行目:画像に名前を付けます。ファイル名(拡張子なし)
  • 22~23行目:画像の位置を指定します。
  • 24~25行目:画像のサイズを設定します。
  • 26行目:セルA1にファイル名(拡張子なし)を表示します
  • 28行目:セルB2に「済」と表示します。

-Excel
-