Excel

データの表示・非表示を頻繁にするならアウトラインのグループ化が便利

2021-03-20

データの表示・非表示は多くの場面で使われています。

もし、頻繁に表示・非表示をするなら、アウトラインのグループ化が便利です。

データの表示・非表示

普段使用しない列を非表示にしているデータはよく見かけます。常に非表示にしたままであれば特に問題になることはありません。

不便だなと感じる例です。入力時は全表示し、印刷時は非表示にする。その作業は頻繁にあると表示・非表示するのが大変です。

データの非表示

削除と非表示は離れているけど、誤って削除しそうになることもあります。

非表示

アウトラインのグループ機能

列:B~C、E~Fに設定する場合

グループ化の設定方法

(1)B~C列を選択し、[データ]>[アウトライン]グループ>[グループ化]をクリックします。

アウトライン

設定後の画面です。

グループ化後

(2)同様にE~Fも設定します。

設定後の画面です。左側の「1」をクリックすると、グループ化している列が折りたたまれます。

アウトラインのグループ

「1」をクリック後の画面です。

アウトラインのグループ

全表示する場合は、「2」をクリックします。

グループ化を解除する方法

解除も簡単です。

[データ]>[アウトライン]グループ>[グループ解除]をクリックします。

グループ化解除

-Excel

© 2021 オフィスのQ&A