Access

【フォームの基本】DoCmdオブジェクトのフォームを開くと閉じる

2020-07-24

DoCmdオブジェクトオブジェクトのOpenFormメソッドを使ってフォームを開く方法です。

フォームを開く

構文

DoCmd.OpenForm フォーム名, ビュー, フィルタ名, 条件式, 入力モード, ウィンドウモード, フォーム引数

定数と説明

OpenFormメソッドの定数と説明です。

フォーム名(必須)

開くフォーム名を指定します。

ビュー(省略可能)

フォームを開くときのビューを指定します。

名前説明
acNormal(既定)フォーム ビューで開きます。
acDesignデザイン ビューで開きます。
acFormDSデータシート ビューで開きます。
acFormPivotChartピボットグラフ ビューで開きます。
acFormPivotTableピボットテーブル ビューで開きます。
acLayoutレイアウト ビューで開きます。
acPreview印刷プレビューで開きます。

フィルタ名(省略可能)

クエリ名を文字列で指定します。

条件式(省略可能)

SQLを文字列式で指定します。

入力モード(省略可能)

名前説明
acFormPropertySettings(既定)フォームのプロパティに基づいて開きます。
acFormAdd追加もモードで開きます。
acFormEdit編集モードで開きます。
acFormReadOnly読み取り専用で開きます。

ウィンドウモード(省略可能)

名前説明
Acwindownormal (既定)通常のウィンドウで開きます。
acDialogダイアログボックスとして開きます。
acHidden非表示の状態で開きます。
acIcon最小化された状態で開きます。

フォーム引数(省略可能)

開くときに渡す文字列を指定します。

フォームとコードの例

次のようなフォームの場合の例です。

フォーム例

フォーム「会員一覧」の例

コード例1

フォーム名指定の場合のみ

DoCmd.OpenForm "F会員一覧"

コード例2

条件を指定して、フォームから別フォームを開く場合

フォームからフォームを開く

フォームを閉じる

構文

DoCmd.Close オブジェクトタイプ, フォーム名, 保存方法

定数と説明

Closeメソッドの定数と説明です。

オブジェクトタイプ(省略可能)

閉じるオブジェクトの種類を指定します。省略すると現在アクティブなウィンドウが閉じられます。

DoCmdオブジェクトのCloseメソッドは、フォーム以外も同じです。

定数説明
acFormフォーム
acMacroマクロ
acModuleモジュール
acQueryクエリ
acReportレポート
acTableテーブル

フォーム名(省略可能)

閉じるフォームの名前を指定します。省略すると現在アクティブなウィンドウが閉じられます。

フォーム以外の場合は、オブジェクトの名前を指定します。

保存方法

閉じるときの動作を指定します。

定数説明
acSavePrompt(既定)オブジェクトの保存をするか確認するダイアログを表示します。
acSaveYesオブジェクトを保存します。
acSaveNoオブジェクトを保存しません。

フォームとコードの例

次のようなフォームの場合の例です。

フォーム例

フォームに「閉じる」ボタンを設置

フォーム

コマンドボタンのプロパティ

  • 名前:CmdClose_Click
  • 表題:閉じる
プロパティシート

コード例1

保存方法を省略した場合

  • オブジェクトタイプ:acForm
  • フォーム名:F会員一覧
  • 保存方法:省略 → acSavePrompt
プロシージャ
DoCmd.Close acForm, "F会員一覧"

コード例2

アクティブなオブジェクトは、コマンドボタンを設置しているフォームなのでこれだけでも閉じます。

DoCmd.Close

コード例3

現在アクティブなフォームを閉じるコードです。

DoCmd.Close acForm, Screen.ActiveForm.Name

-Access
-

© 2021 オフィスのQ&A