Access Excel

【VBAの基本】ExcelやAccessで操作を自動化する

2020-08-01

Excel、Access、Wordなどのオフィス製品で用いられているプログラミング言語「VBA」についての基礎です。

とても簡単な内容です。

マクロとVBA

マクロとは複数の操作手順をひとつの操作としてまとめて登録し、再度呼び出して実行する機能です。

VBA(Visual Basic for Application)は、プログラミング言語のBasicを拡張したプログラミング言語で、マクロ機能で実行する内容を記述するプログラミング言語です。

マクロの記録

エクセルの表(データ範囲)を選択する操作を例に、マクロの記録を説明します。

マクロの記録

(1)シートの左下にあるマクロの記録のアイコンをクリックします。

マクロの記録

他の方法

[ 開発 ]タブ > [ コード ]グループ > マクロの記録

マクロの記録

開発タブがない場合は、Excelオプション > リボンのユーザー設定 > リボンのユーザ設定 > 開発にチェックを入れます。

オプションのリボンのユーザー設定

(2)[ マクロの記録 ] ダイアログボックスが表示されるので、「OK」をクリックします。

マクロの記録

(3)記録したい操作を行います。

セルA1を選択します。

セルA1を選択した状態

[ Ctrl ] キー + [ * ]

[ Ctrl ] キーを押した状態で [ * ] アスタリスクを押します。※テンキーがない場合は、[ Ctrl ] キー+ [ Shift ] キーを同時に押している状態で[ * ] アスタリスクを押します。

表を選択した状態

(4)マクロの記録を終了します。シートの左下のアイコンをクリックします。

マクロの記録の終了

以上でマクロの記録が終了しました。

プログラムの表示

記録されたプログラムを表示します。

[ Alt ] キー + [ F11 ]

[ Alt ]キーを押した状態で[ F11 ]キーを押します。

→ VBE(Visual Basic Editor)が開きます

VBE
  1. プロジェクトエクスプローラー
  2. コードウィンドウ
  3. プロパティウインドウ

VBAはコードウィンドウに記録されます。

コードウィンドウ

ここで記述されているのがVBAです。2つの操作手順を「Macro1」にまとめてます。

  1. Range("A1").Select:セルA1を選択する
  2. Selection.CurrentRegion.Select:セル領域を選択

プログラムの実行

[ Alt ] キー + [ F8 ]で[ マクロ ] ダイアログボックスを表示し、記録した「Macro1」が選択されてる状態で「実行」をクリックします。

マクロ

他の方法

[ Alt ] キー + [ F11 ] でVBEを表示し、Macro1内にカーソルがある状態で [ F5 ] キーを押します。

マクロの実行

VBAの編集

マクロの記録では、無駄な記述が含まれます。以下のように短くできます。

コードウィンドウ

「'」シングルクォーテーションで始まる記述は(緑色の記述)コメントです。

-Access, Excel

© 2021 オフィスのQ&A