Excel

【リンク設定】複数のエクセルリンク一覧とデータフォルダが別の場合

2021-02-12

フォルダ内にリンク一覧が複数保存されていて、一覧に記載のファイルは「ファイル」フォルダ内にそれぞれ複数ある場合のハイパーリンク設定の方法です。

一覧とフォルダの説明

  1. 最初の階層:エクセルの一覧複数とファイルフォルダ
  2. 2番目の階層:一覧に対応したそれぞれのフォルダ
  3. 3番目の階層:一覧に記載されているファイル名
一覧とフォルダ

最初の階層に保存している「一覧_A001.xlsx」の例

一覧

リンクをクリックすると該当のファイルが開きます。例えばセルE2をクリックすると階層3に保存されているファイル「A0011.xlsx」が開きます。

開くファイル

リンクの設定方法

最初の階層に保存されているファイル「一覧_A001.xlsx」の例です。

フォルダパス

フォルダパスは相対パスにしています。

  • セルG1:フォルダ「ファイル」のパス
  • セルH1:番号
一覧_A001.xlsx

ファイル番号

セルC2に設定されている式はセルA2とセルBの文字をつなぐCONCAT関数です。

CONCAT関数

セルC2に以下の関数を入力し、セルC6まで式をコピーします。

=CONCAT(A2:B2)

ハイパーリンク関数

セルE2に設定されているのはハイパーリンク関数です。

ハイパーリンク関数

セルE2に以下の関数を入力し、セルE6まで式をコピーします。

=HYPERLINK(CONCAT($G$1:$H$1,C2,".xlsx"))

ハイパーリンクの文字は見えなくても問題ないので、列幅を狭くしセルの書式設定の「縮小して全体を表示する」にしています。

セルの書式設定

-Excel
-

© 2021 オフィスのQ&A