【ExcelVBA仕事】プログラミングじゃないって本当?IT初心者もOK?

悩む人

ExcelのVBAの仕事ってどんなことするの?将来性がないって聞いたけど本当?

こんな疑問にお答えします。

こんな方におすすめ
  • VBAを独学で学んだことがある
  • VBAを自分の業務で作って使ったことがある
  • VBAを使う仕事をしてみたい

エクセルやアクセス等のオフィスのソフトでの仕事量が多い場合、もっと効率的に処理をできればいいのに!と思う人は多いのではないでしょうか。

そして手軽ですぐ使えるVBA(マクロ)の利用を考える方もいるかと思います。

VBAは初心者でも学習しやすく、すぐに仕事で役立つプログラム作成ができるので、楽しくてもっと使う仕事をしたいと意欲が出てくる人もいると思います。実際に今まで仕事をしてきて、VBAに興味を持つ方が意外と多くいました。

実際仕事探しをする場合、どのように探せばあるのか、どうしたらVBAを使う仕事に就けるのかについて、実体験をもとに解説します。

目次

まだVBAの仕事はある

VBAは大きなバージョンアップはされておらず、基本的な文法や機能は変わっていません。古い言語とも言われていますが、現在でもまだVBAを使う仕事はあります。

VBAは古い技術

VBAは比較的古い技術であり、将来的には新しい技術に置き換わる可能性があることを覚えておく必要があります。

ですが、VBAはExcelやAccessなどのビジネスアプリケーションに深く組み込まれており、これらのアプリケーションが長く使われ続ける限り、VBAの需要が続くと予想されます。

多くの企業がExcelやAccessなどのMicrosoft Office製品を使用しており、それらのアプリケーションにVBAを組み込んで業務を効率化することができます。

また、VBAはPythonやRPAなどの他のプログラミング言語と連携することもでき、これらの技術と組み合わせることでより高度な業務自動化が可能になります。

VBAの仕事募集であるもの

これらの仕事は、正社員より派遣での仕事募集で見つけることができます。

  • 新規作成
    VBAでの効率化をはかるプログラム作成やツール作成の募集
  • 既存プログラムの修正
    既に作られているプログラムを改定したい等で募集
  • 他の言語等に移行するため
    VBAで作成したプログラムを他の言語や他のものに移行するため、VBAを理解している人の募集

募集は多くはないですが、派遣社員のポータルサイトや派遣会社のサイトで「VBA」で検索するとみつかります。

そもそもVBAとは?マクロとは違うの?

VBA(Visual Basic for Applications)は、Microsoftが開発した、Office製品内で使われるプログラミング言語です

ExcelやAccess、WordなどのOfficeアプリケーション内でVBAを使うことで、自動化や業務効率化などの目的を達成することができます。

VBAってプログラミング言語じゃないって本当?


VBAはプログラミング言語です。

プログラミング言語とは、コンピュータに対して何らかの処理を行うために使われる言語で、コンピュータが理解できる形式に翻訳されます。

VBAは、Visual Basic言語を基礎としており、Officeアプリケーションの操作や、自動化などのために使われます。したがって、VBAはExcelやAccessなどのOfficeアプリケーションで使われるプログラミング言語です。

ただし、VBAはC++やJavaなどの一般的なプログラミング言語と比較すると、構文が簡単で、学習しやすいとされています。また、VBAは、エクセルやアクセスといったビジネスアプリケーションとの親和性が高く、利用価値が非常に高い言語と言えます。

VBAはプログラミング言語じゃないと言われる理由

一部の人々がVBAをプログラミング言語ではないと考える理由は、VBAが標準のプログラミング言語のように独立して存在するわけではなく、Microsoft Officeアプリケーションに組み込まれていることが挙げられます。

また、VBAは専用の開発環境(Visual Basic Editor)を持っているため、一般的なプログラミング言語のようなコンパイラやIDE(統合開発環境)を使用しないことがあります。

しかし、VBAは、データ型、変数、制御構造、関数、サブルーチンなど、標準的なプログラミング言語に必要な基本的な機能を備えています。

マクロとは

マクロとは、VBAを使って記録した操作の手順を自動化する機能のことです。

ExcelやWordなどのOfficeアプリケーションで、特定の手順を繰り返す必要がある場合、その手順を一度記録しておくことで、後から同じ手順を再現することができます。

VBAとマクロは密接に関連しており、VBAを使ってマクロを作成することができます。ただし、VBAはプログラミング言語であり、マクロよりもより高度な処理や複雑な機能を実現することができます。

VBAのメリット・デメリット

VBAの仕事のメリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
初心者でも簡単に学びやすい
学習に必要な環境構築が簡単
業務で活用しやすい
追加のコストがかからない
大規模なプログラム開発には向かない
バックアップ管理やバージョン管理が複雑
基本的なアルゴリズムの理解が欠ける
他のプラットフォームで使用することができない
メリットとデメリット

VBAのメリット

初学者でも学びやすい

ExcelやAccessなどのMicrosoft Officeアプリケーションとの親和性が高いため、オフィス業務でよく使われます。簡単なプログラムを簡単に作成できるため、初心者でも学習しやすい言語です。

学習に必要な環境構築が簡単

他のプログラミング言語に比べて、学習に必要な環境構築が簡単であるため、早期から実践的なプログラミングを行うことができます。

業務で活用しやすい

VBAはExcelや他のOffice製品と密接に結びついているため、業務での活用がしやすく、応用範囲が広いです。

追加のコストがかからない

VBAは標準搭載されているため、追加のコストがかかりません。

VBAのデメリット

大規模なプログラム開発には向かない

大規模なプログラム開発には向かないため、機能拡張によって容易にバージョン違いが発生し、移植性が低くなる場合があります。

バックアップ管理やバージョン管理が複雑
  1. 大量のデータを扱うような処理には向かないため、パフォーマンスが悪い場合があります。
  2. VBAプログラムはソースコードがエクセルファイル内に保存されるため、バックアップ管理やバージョン管理が複雑になる場合があります。
基本的なアルゴリズムの理解が欠ける

VBAはプログラミング初心者でも簡単に書ける反面、いろいろな書き方があり、省略された形で書かれていることが多いため、基本的なアルゴリズムの理解が欠けてしまうことがあります。

しかし、これはVBAに限らず、プログラミング言語全般に言えることであり、プログラミングを学ぶ際にはアルゴリズムの基本をしっかりと学ぶことが重要です。

他のプラットフォームで使用することができない

VBAはマイクロソフトの製品に依存するため、他のプラットフォームで使用することができない。

【体験談】実際に働いたVBAの仕事

基本的にどの仕事でもExcelVBAやAccessVBAを使用することは多いです。2021年頃に「ExcelVBA」の求人として派遣で働いた話をします。

派遣を選ぶ理由

私にとって次のようなメリットがあるため、派遣の仕事を選びました。

  • 長期で働けないので都合が良い
    派遣の仕事は、長期的な雇用ではなく、短期的な仕事が多いため、引っ越しやライフスタイルの変化などに合わせて仕事を変えることができます。2〜3年で引越しをする私の場合には、都合が良い働き方です。
  • 時給が良い
    派遣の仕事は直接雇用のアルバイトやパートタイムよりも時給が高い場合が多いです。このため、比較的高収入を得ることができます。
  • 履歴書や職務経歴書を用意しなくて良い
    派遣の仕事は、履歴書や職務経歴書を用意する必要がない場合が多いため、手軽に応募することができます。登録時に必要な場合もありますが、派遣会社が代わりにまとめてくれる場合が多いです。
  • 自力では働けない職場で働ける
    大手企業や特殊な業務の職場は、自力で働くことが難しい場合があります。しかし、派遣の仕事であれば、そのような職場で働くことができます。

事務職で派遣社員という働き方は、中高年以降になると厳しくなっていきます。

若いうちに正社員などの仕事で頑張って働き、スキルを磨くことで、年を重ねてから緩やかな働き方を選んでも仕事が見つかりやすいというメリットがあります。

VBAの仕事を選んだ理由

住んでいた地域ではオフィスワーク系の仕事がほとんどなく、特に一般事務や営業事務の仕事が少ない状況でした。都市部での派遣の仕事を探すようになりました。派遣のポータルサイトで検索した仕事に応募しました。

参考に、年齢が上がるにつれて、一般事務の仕事は見つかりにくくなります。若いうちに専門的な知識や将来性のある仕事の実務経験を積んでおくことをおすすめします。

仕事内容

仕事内容は、新規作成と既存のプログラム修正等でした。

長期派遣の新規作成の業務で、他の言語で作成したものをVBAに変えてほしいという依頼でした。そもそも、その他の言語は何となくわかるけど程度でしたので、結局は何をしたいのかを聞き取り、いちからコードを考えて作りました。既存の修正等は、手の空いたときにやっていました。

VBAのコードに悩んだときは、仕事中だけでなく通勤中や帰宅後も考えました。でも、私は元々そのようなことが好きなので、楽しかったです。この仕事は、規則に従って考えることが好きな人に向いていると思います。

VBAの仕事に就くには

VBAは需要が低下している傾向があるかもしれませんが、それでもVBAを使った仕事にまだがあります。

未経験からVBAの仕事へ

現在働いている職場で、VBAを使用してよい環境であれば、業務の効率化を兼ねてVBAを勉強できます。

VBAの学習や活用は大きなメリットです。実務でのVBAの使用経験は、次の仕事探しでのアピールポイントになりますし、業務の効率化にもつながります。

また、VBAはExcelやAccessなどのMicrosoft Office製品に組み込まれているため、会社でこれらの製品を使用している場合は、VBAに触れる機会が比較的多いとも言えます。

VBAの学習に時間をかければ、自分自身で作成したマクロを使用して業務を効率化することができます。

また、VBAは他のプログラミング言語よりも比較的簡単に学習できるため、IT未経験者でも比較的取り組みやすいものと言えます。

VBAエキスパート試験やMOS試験を活用する

VBAエキスパート試験やMOS試験は、VBAやExcelを使った業務に必要なスキルを証明する資格試験であり、転職時に有利なアピールポイントとなる可能性があります。

特に、IT未経験者がエントリーレベルのVBAやExcelの仕事を探す際には、MOS試験を取得することで、そのスキルを証明することができます。

また、VBAエキスパート試験は、VBAの高度なスキルを持つ人材を認定するものであり、VBAのエキスパートとしてのスキルアップや、VBAを使った開発業務の就職に役立つ場合があります。

ただし、試験を受けたからといって必ずしも仕事につながるとは限りません。試験を受ける前に、自分が取得したいスキルに合わせて、求人市場でどのようなスキルが求められているかを調べることが重要です。また、資格を取得したからといって、実務経験やコミュニケーション能力などの他のスキルも重視されるため、バランスの取れたスキルアップを目指すことが大切です。

【参考】VBAエキスパート試験対策

実際受けた試験の体験記です。受験したのは、ExcelではなくAccessです。試験対策は公式テキストと非公式の問題集を使いました。

Accessの使い方は覚えてしまうと、VBAに関してはExcelより簡単だと感じます。

公式テキスト

公式テキストを購入すると、ウェブ上で受けれる問題が1回分ありました。たった1回分だけでは不安です。

  • VBAエキスパート公式テキスト・Accessベーシック
  • ページ数:286ページ

受験したのは、Access VBA ベーシックですが、テキストはAccess VBA スタンダード、Excel VBAベーシックとスタンダードも買いました。

Excel VBAベーシックの内容は優しいので、VBAをはじめたばかりの人でも十分についていける内容だと思います。

このテキストは、書店ではあまり売られているのを見たことがありません。

対策問題集 Access VBA ベーシック

公式ではない問題集は、調べた限り「原本羚央」さんの運営しているサイト「VBAエキスパート試験対策」のみでした。

1章~10章の全問

問題はウェブ上で解きます。

一部の問題は無料で公開されていますが、全問題を解きたい場合はアクティベーション(ライセンス認証)を購入します。問題は10章にわかれており、486問もあります。

購入できるサイトはReo Worksで、2,786 円(税込)でした。支払方法はいくつかあります。

支払いが完了すると、すぐにアクティベーションコードをもらえます。アクティベーションコードの登録有効期限は決済完了してから2週間なので、すぐに登録した方が良いです。

1章~5章のみ

Amazon Kindleの問題集です。

1章~5章の問題は、Amazonで購入できます。

キンドルはオフラインでもみれるので、通勤時間にこれを利用していました。この対策問題がなかったら、受験していませんでした。

VBAエキスパート試験対策問題集AccessVBA ベーシック

この問題集はAccessの他にExcelもあります。

Kindle Unlimited会員は無料期間でお試し可能です。

たくさんの本を読むことができ、通勤で役立っています

VBAエキスパート試験対策にかかった時間

1か月目安に勉強をはじめましたが、実際は1か月半かかりました。予定より時間がかかった理由は、対策問題が多すぎたため。

テキスト学習

公式テキストは、10章あり毎日1章を目安に勉強しました。

ひととおり目を通した後は、ひたすら対策問題を解きつまずいたところはテキストを確認しました。

公式テキストにある1回分の問題は、非公式の対策問題よりやさしいと感じました。3回繰り返し解いたくらいで、問題を暗記してしまいました。暗記なので、もはや意味がないのでは。

対策問題

はじめて解いたときは、半分も解けませんでした。

あまりにも問題が多すぎて、受かる気がしないなと思いはじめ、そして受験やめようかな・・・と思ったりもしました。全問理解しようとすると時間がかかります。

対策問題は、公式テキストの内容よりちょっと難しめ。

受験申し込みと受験

試験の2週間前に受験申し込みをしました。

当時働いていた近くの「オデッセイテスティングセンター」で申し込みしました。他の試験会場だと、すぐに受験可能だったりします。

2週間前の申し込みでも、土日は満席だったため平日の夜にしました。

受験料は13,200円(税込)ですが、割引受験制度適用の場合は、 11,880円(税込)です。MOSなど合格していると、この割引を利用できます。

試験の感想と結果

1問目で全くわからない問題が出題され、次の問題もちょっとわからず焦りました。

10問くらい解いたところで、これは無理かもしれないと思いはじめましたが、高い受験料を払ったので、不合格はもったいない。ギリギリでもいいから受かりたい!と思いなおし、頑張って回答しました。

結果は、800点(1000点満点)でした。できない順に、フォームとレポート57%、VBAの基礎知識67%。基本ができていないようだ。

下の画像はウェブから確認できるデジタル認定証です。

デジタル認定証

受験日から1か月と8日後に、郵送で合格認定書が届きました。

合格認定書

紙でもらうと合格した実感がわきます。

おすすめの本

  • ExcelVBAエキスパートベーシック公式テキスト
  • AccessVBAエキスパートベーシック公式テキスト
  • VBAエキスパート試験 対策問題集kindle版

独学でも十分合格できるので、ぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

VBAの仕事はまだまだあります。

しかし、VBAは古い技術であるため、新しい言語を学ぶ方が有利な場合もあります。VBAの仕事募集は存在しますが、数は減ってきている傾向にあります。

VBAとは、Visual Basic for Applicationsの略で、マクロとは別のものです。VBAはプログラミング言語ではないと言われることがありますが、その理由には歴史的な背景があります。

VBAのメリットは、Excelを使った業務の自動化が可能で、時間短縮や作業効率の向上が期待できます。しかし、VBAのデメリットは、保守性が低く、エラーが発生しやすいという点です。

若い方には、VBAの学習だけでなく、より需要のあるプログラミング言語の習得をおすすめします。VBAは業務自動化などに用いられることが多く、需要は限られています。

一方、PythonやJavaなどの言語は、AIやWeb開発、ゲーム開発など、幅広い分野で使われており、需要も高いです。将来的にプログラマーとしてのキャリアを考える場合、より広い視野を持つためにも、複数の言語の習得を目指すことをおすすめします。

ただし、プログラミング言語の学習は容易ではないため、地道な努力が必要です。正しい情報を得るために、オンライン学習サイトや書籍などを活用することが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次